読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソフトウェアエンジニア現役続行

雑多なことを綴ります

リモートデスクトップがうまくいかないときのチェック項目

Windows

まず、コマンドプロンプトで netstat -an とやって、 3389番ポートが Listen されているかどうかを確認します。ちゃんと Listen されていれば、
「tcp 0.0.0.0:3389 * Listen」
みたいに表示されます。


3389番ポートが Listen されているかどうかで、確認する場所が変わってきます。


1.Listenされている場合


まず間違いなくファイアウォールによって3389番ポートが空いていません。3389番ポートの開け方は以下の通りです。
1-1. コントロールパネルで、[Windows ファイアウォール] をダブルクリックします
1-2. [Windows ファイアウォール] ダイアログ ボックスの [例外] タブをクリックします。
1-3. [プログラムおよびサービス] ボックスの一覧の [リモートデスクトップ] チェック ボックスをオンにします。


2.Listenされていない場合


マイコンピュータを右クリックして、リモートデスクトップを有効にしているにも関わらず、3389番ポートが Listen されない。この場合、Terminal Services というサービスが起動していない可能性があります。
2-1. [管理ツール]→[サービス]→[Terminal Services]の項目を右クリックして、[起動]をクリックします。これでOKです。
2-2. 今後は自動的にTerminal Servicesを起動させたい場合は、[Terminal Services]の項目を右クリックして、[手動]になっているところを[自動]にします。
僕はWindowsを再インストールするたびに、このTerminal Servicesの起動のし忘れに気づかず、リモートデスクトップが出来なくて、その原因を解明するまで時間がかかってしまいます。


備忘録としてここに記しておきます。